プロフィール

【第6話】成功するための最短ルートはノウハウではなく○○をパクること

最短ルート

こんにちは!
マンキーです(^O^)/

今回は商売の原理原則は
どうやったら身につくのか、
自分が成功している社長の
何を真似したらうまくいったのか、
というお話です。

パクるのはノウハウではなく「思考の流れ」

商売の原理原則を知っている成功者の
何を取り入れたら成功できるのか、

実はノウハウを教わっただけだと
8割の人は成功しません。

なぜかというと、
ビジネスの重要な部分は
「ノウハウ」ではなく
「ノウハウを作ったときの思考の流れ」
だからです。

これを理解せずに
ノウハウだけ知って
ビジネスをスタートさせると、
色々な問題が出てきたときに、
間違った解決方法をしてしまって

結局成果がでないという例を山ほど見ました。

ノウハウを誰にでも伝わるように
具体的にすればするほど
「思考の流れ」の部分が表現できず
ケースバイケースの解決方法がずれてしまいます。

そして、ビジネスにおいて出てくる問題は
ケースバイケースなことが圧倒的に多いため
成功する思考の流れを身に着けることが必要です。

思考の流れってなんだ?

「問題が問題なのではない
問題に対するとらえ方が問題だ」

という言葉があります。

一緒に遊んでた社長の口癖は
「普通に考えたらおかしいこというけど聞いてな」
というものでした。

成功者の普通と
一般の人の普通には大きな差があって
それが結果を変えていくということを
目の当たりにしていたので、

僕が注意してみていたのは
社長の物事のとらえ方です。

物事のとらえ方がポジティブで明るくなってくると
楽しく結果を出していくことができますが、

逆にネガティブで暗い考え方で結果を出そうと思うと
自分に対して厳しく、
スパルタで結果を出そうとしてしまいます。
(そして挫折する方が多いです)

日本の教育や企業の文化では
「ツラい仕事を我慢したらお金をもらえる」

ということが当たり前になっているので
そんな中で自分だけポジティブになるのは
かなり難しい環境だと思いますが、、

思考の流れというのは
そういった物事のとらえ方のことです。

サラリーマンが長いと
とらえ方を変えるのがすごく難しくなります。

特に保守的な企業文化で生活している人は
一旦自分の考えを脇に置いて、
新しい考え方に入れ替える覚悟が必要です。

ちょっとだけ厳しいお話しなんですが、
会社員かつ消費者のマインドで
生活がツラいから・何となく不安だから
という理由だけで起業したいと思っている人は

かなりの高確率でうまくいきません。

なぜなら視点が
「今」と「自分」にしか向いていないからです。
新しい考え方を取り入れる気がなく、
ネットサーフィンをしていだけだったら
僕にできることはないと思うので、

違うブログなりサイトを見て頂いたほうが
良いかと思います。

どうやったら成功者の思考の流れが身につくの?

答えは成功者とたくさん接触するということです。

自分がやった方法は
「一緒に遊ぶ」というものでしたが、
これはたまたま運が良かったからできたことで、

しかもぶっちゃけかなりお金がかかりました。
具体的に言うと1年半で250万円以上はかかってます。

しかもあまり具体的なことは
教えてくれない人だったので
その人に憧れて近くで学んでる人たちは
たくさんいましたが
成果を上げていたのはごく一部でした。

自分はもともと料理人で
「先輩のやってることを教えてもらえるなんて奇跡。
自分で見て盗むのが当たり前。
急に本番を振られて一発目でできないと怒られる」

という文化で生きていたので、
他の人より危機感をもって仕事を見るのが
少し上手だったように思います。

一番コスパの良い成功者との接触の増やし方

現実的に成功者との接触を増やす方法でいうと、
オンラインでの学習がおススメです。

自分は以前は
インターネットには薄っぺらな情報しかない

と思ってオフラインで知り合った人に
大金を払って教えてもらっていましたが、

自分がコンサル業やってからわかったのは
ITを使っているほうが
価値提供のコスパが圧倒的に良いから

インターネットを使ってないコンサルに
スタート時点で金を払わないほうがいい
ということです。

もちろん自分の事業がすでにあって
個別具体的なことをいきなり聞きたい場合は
経験のあるコンサルタントに専門の分野について
質問することはコスパ良いのですが、

オフラインで起業コンサルタントと名乗る人に
お金を払うのは圧倒的にコスパ悪いです。

なぜならインターネットを使って
様々なこと(集客・販売・提供)が
ITで効率化できていたら、
より良質なコンテンツを作ったり
価値提供の仕組みを改善したり

商品を良くすることに時間を使えるからです。

一方オフラインで営業している
起業コンサルタントの時間の使い方は
「よりたくさん売るために多くの人に会う」
この一点に集約されており、
価値提供のことを本気で考えている人は稀です。

とはいえ、
オンラインで販売されている情報も
そのほとんどは
ノウハウのみを提供しているもので、
成功者の思考の流れを身に着けられるものはありません。

その時の旬な起業ノウハウを追っかけていると
ノウハウ販売者の養分になるだけです

自分らしく生きるためには
自分がやりたい商売に応用できる
商売の原理原則を身に着ける必要があると
僕は思っています。

自分に合ってないって思いながら
「服を売るノウハウ」だけ身に着けても
やりたくないことやってる会社員と
何も変わりませんでしたから

そんな昔の自分と同じように
「残念な起業」をしてしまわないためにも

「何のノウハウに手を出そうかな?」
と考える前に
「商売の原理原則」を学ぶという視点を
持ってみてはいかがでしょうか?